Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アキラッシュ

見たものとかやったこととか

Codecademy で git コースやったらめちゃくそ分かりやすかった話

やはり実践型はいい。単に自分が不勉強すぎたともいう気がする。
というわけで、最近Code Academyにはまりまして、なかでもgitコースがとても楽しくしっかりノートをとったので更新です。

www.codecademy.com

これです。全部英語でした。
というわけで、別に自分が英語できるわけではないのですが、ノートも全部英語で取っています。ブロークンです。
未来の自分が読めるかも定かではない……記録までに、です。

To get started

git init on directory you want to use for develop.

Structure

  • working directory
    use git diff file to know your changes

git add file
git checkout (HEAD) to restore files from repository to working directory

  • staging area
    change1, change2, ...
    git status to see add log
    git reset (HEAD) to delete add from status list

git commit (-m “message or comment”)

  • repository
    git log to see commit log
    git show to see commits. HEAD is most recently commit.
    git reset commit-SHA to clear commits after selected commit (You can see commit-SHA in git log result.)

Branch

It’s the git structure over the structure above.
- master branch
git merge branch-name to merge commits of sub branches.
git branch -d branch-name to delete the sub branch.

git checkout branch-name to switch branches (branch-name should be one you want to switch to)

  • sub branches (any name you like)
    git branch branch-name to create a new branch. They inherit all changes in the master branch.

Remort repository

  • origin repository

git clone repository-name clone-name
git merge origin/master to get main things of project
git push origin branch-name to push your work to origin (not repository name but branch name)
git remote add origin URL

  • remote repository
    git fetch to follow changes of origin repository.
    git remote -v to see a list of repository related the origin

今後の学習事項

  • リモートリポジトリとブランチの扱いの違いがわからん(リモートリポジトリにもそれぞれマスターブランチがある?)
  • で?「プルリク」はいったい何だ???
  • forkってなに?

まとめ

ひとりで使うぶんには問題なさそうな感じですね。まだ実戦で使ってはないですけど、今まで全然わからなかったのが多少すっきりしてすごく楽しかったです。

CodecademyではWeb系の言語関連で他にも様々なことができます。
私が終えたコースは今の所

  • Make An Interactive website (jQueryでスライドとか作れます)
  • Learn the Command LIne (コマンドラインで簡単なファイル操作ができます)
  • Learn Git (今回のやつ)
  • Deploy Website (これは正確には終えてない……Jekyllで静的サイトを作り、github.ioで公開し、AWS独自ドメインを取得してgithubの方で設定するとこまでやります。ドメイン取得のところで課金イベント(AWSに)が発生します。自分はログイン情報がうまく共有できなくて途中でインタラクティブ箇所をスルーしました。)

多少エイゴを理解しようとする胆力が必要ですが、それなりに実用に耐えそうなかっこいいものをスマートに触れるので初心者の方にはおすすめです。

それでは。